レンタルECサイト構築方法とは?ASP/スクラッチ等、システム比較からレンタル専用機能を徹底解説

レンタルECサイト構築方法とは?ASP/スクラッチ等、システム比較からレンタル専用機能を徹底解説

レンタルと言えば、レンタカー、レンタルスペース等、これまでは対面型の非EC事業が主でしたがその後、宅配型のレンタルとしてCD/DVDレンタルが普及したのを皮切りに、レンタルドレス・着物など、ネットで借りて返却するといったビジネスモデルが浸透してきました。

商品を直接購入するのではなくレンタルで十分満足し、モノを「所有」することから「利用」へといった消費者ニーズの変化や、商品の発送・返送の物流側の仕組みも整ってきた時代背景とも重なり、今となっては様々な商材のECサイトでレンタルサービスを展開しています。

ECサイトでレンタルを展開することは事業者側にもメリットが見出せます。これまでのように単純に物を売り切るだけでなく、まずはレンタルとして貸し出すことで顧客との接点を持ち、接触回数を増やすことでその後に購入に至るといったビジネスサイクルを確立させることで、顧客のニーズの把握にも繋がり、新たな需要の掘り起こしにも繋がります。最近では、レンタル品の持ち逃げ・未返却リスクを保証するサービスも登場してきており、より安心してレンタルECを運用できるようになってきております。

このような状況下で、レンタルECに参入する事業者が増えていますが、いざレンタルECサイトを構築・運用していく為には、専用に設計された機能が必要です。どのようにすればレンタルECサイトを構築できるのか、運営に必要な機能は何なのか、事例も交えながら深堀していきたいと思います。

レンタルECサイトの構築方法

独自ドメインの自社サイトとしてレンタルECサイト構築する為には、まずはシステムの選定が必要になります。その方法は大きく3種類ありますので、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

物販のシステムをベースにカスタマイズ

既に物販ECサイトを運用している場合、そのシステムをベースに、部分的にカスタマイズをするという方法がまず思いつくでしょう。しかし、レンタルECの場合、レンタル期間の抑え方や日別の在庫の持たせ方など、データベースの構造自体が全く違います。最初は少しのカスタマイズで済むと想定しがちですが、かなりのカスタマイズが必要になることに気付いた時にはシステムの入れ替えに相当する状態になっていることでしょう。根本的にシステムの構造が異なることを理解した上で運用するのであれば良いですが、レンタルECとして適したUIのサイトを目指そうとすると、物販サイトベースのシステムではどこかのタイミングで壁にぶち当たるでしょう。

具体例:ECキューブやShopifyをベースにカスタマイズする

スクラッチ開発

スクラッチ開発は自社の要求に沿ってシステムの設計、要件定義を行い、完全に要求に沿ったシステムを開発することができます。既存のパッケージを使うか、ゼロベースから設計し、開発していきます。メリットとして特殊な商材やレンタル方法の場合にも対応ができ、レンタルECを運営しやすい理想のシステムを構築できる可能性があります。

一方でデメリットは、開発がある程度進んだ段階にならないと動作確認ができず、その時点ではじめて、想定していた運用との乖離が発生したことに気付くといったリスクも潜んでいます。システムの構築そのものに対する開発費用の投資に加え、システム完成後の保守、メンテナンス、その後の改修についても費用を用意し、対応しなければなりません。自社でエンジニアを抱えていない場合は、外部のシステム会社等に依頼をする必要もあります。

具体例:システム開発ベンダーに依頼してゼロから完全にオリジナルなシステムを構築する

ASP(クラウド型)

ASPでレンタルECサイトを構築する場合、既にレンタルECに必要な機能が備わっているので開発費用が不要で、利用申込(トライアル含む)をするだけで、すぐに動作確認ができ、自社の運用に適しているかの判断ができます。また、日々のアップデートがあるのでシステムは常に最新の状態を保ちながらの運営をすることができます。

このようなメリットに対し、デメリットとしては100%要求通りに当てはまるかは難しい部分が出てくると思います。ASPは多くの事業者が利用するシステムになり、汎用的な機能として用意されおり、また基本的にはカスタマイズができない為、ASPの仕様に運用を寄せていく必要があります。

具体例:現時点ではレンタルECのASPとして国内唯一のaishipRENTALを利用する

レンタルECの運営に必要な専用機能

例えば、注文者が商品の受取日時を指定したい時、通常の物販ECであれば、プルダウンメニューに表示された選択肢の中から希望日時を選択できれば運用が可能です。しかしレンタルECの場合は、実際に利用したいレンタルの期間に加え、商品の発送期間や返却期間も加味する必要があります。そしてそれらの期間の在庫を参照し、レンタル可能な日程であるかを算出、その情報を商品ページに表示する必要があります。

この章では、物販ECサイトでは必要としないが、レンタルECサイトに必要な専用機能をまとめました。詳しく見ていくと、上記の“レンタルECサイトの構築方法”の章にて述べた“物販サイトベースのカスタマイズする方法”では、対応が困難であることが見えていきます。

レンタルスケジュール機能

商品ごとに利用期間や、発送や返却に関する期間などを設定し、レンタルできるように一連の期間としてスケジュールを抑えに行く構造が必要になります。また、商品によっては返却されてから次にレンタルされるまでのリードタイムが必要になる場合があります。返却後、メンテナンスに出してから在庫に戻すといった期間もレンタルスケジュールに組み込んでおく必要があります。

日ごとの在庫管理機能

例えば、ある商品の在庫が1点限定物だとします。
物販ECであれば、在庫1の商品が1点売れれば「完売」で販売終了となりますが、レンタルECの場合は、レンタル利用後に「返却」されてきますので、商品が戻るタイミングで在庫を1に戻す必要があります。

カレンダー機能

お客様にはレンタルしたい日(期間)を注文時に選択してもらう必要があります。カレンダーとして表示することで、直観的にレンタルしたい日を選択することが出来ます。

日ごとに在庫数を参照し、さらにはレンタルスケジュールを考慮して、レンタル可能な日をカレンダー上に表示させる必要があります。

レンタルECの運営に備わっていれば役立つ機能

レンタルしたい日から在庫を検索する機能

レンタルしたい日(期間)から商品を検索したい、というニーズも一定数見込まれます。レンタルしたい日が決まっている場合、日付から検索することで、利用したい日(期間)にレンタルできる商品に最短で辿り着けます。この検索機能があることで、レンタルしたい商品を見つけても、利用したい日にレンタルできない、といった離脱に繋がりかねない状態を防げます。

レンタル受付不可日設定

ショップによって定休日や、長期休暇、運用の都合でレンタル不可に設定したい日が出てくると思います。予め決まった日を一括で受付不可としたり、未来に遠い日程の注文は受け付けられないように、何ヶ月先までレンタル受付が出来るか等の設定もあると便利です。

レンタルECサイト事例

ドレスレンタル事例


こちらは2018年春にオープンしたレンタルドレスのサイトLULUTI RENTAL STORE様で、イオンリテール株式会社様が運営しております。特にレンタル商品の検索機能が充実しており、ブランドやサイズや利用した日を基準にレンタルできるドレスを検索することが出来ます。
どの商品も3泊4日の均一価格で分かりやすく設定されていますが、利用者の用途に応じてレンタル期間を延長できるよう設定をしており、1日延長ごとに延長料金の設定もしています。

家電レンタル事例


2020年春になると、家電のレンタルサイトがオープンしました。ECカレント様が運営しているRentoco様では、様々な家電をレンタルしています。高額な商品でも低価格で使用感を試せ、使い終わった後は返却するだけで良いので、保管場所や廃棄処分の手間や費用を省けます。今後、レンタルした商品が気に入ればそのまま購入できるといった購入フローも構築されるかもしれませんね。

アウトドア・キャンプ用品レンタル事例


2021年になるとコロナ禍で加速したキャンプブームに乗り、テントをはじめとするキャンプ用品レンタルECもオープンしています。実際にキャンプをする際は、テントやシュラフの他、様々なアイテムが必要となってきますが、まとめてレンタルするとセット割引もあるようで、初心者でもキャンプをするきっかけになりそうです。

以上でご紹介したこれら事例サイトはaishipRENTALのシステムを利用しております。aishipRENTALとはレンタルEC専用のASPで、「レンタルECの運営に必要な専用機能」「レンタルECの運営に備わっていれば嬉しい機能」でご紹介した内容を含め、レンタルに必要な機能は全て標準機能として用意されており、カスタマイズする必要がないので安価に簡単に、そして短期間でレンタルECサイトを構築することが可能です。
また、ASP型ではありますがニーズに合わせてカスタマイズをすることができるので、独自の設定が必要な場合でも必須部分のみカスタマイズすることでうまく費用を抑えて要望をかなえることも可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。レンタルECと通常の物販ECは、一見すると近しいシステムに見られがちですが、レンタルECとして運用する為にはレンタル専用の機能が必要であることが見えてきたかと思います。そしてその土台となるシステムを選定することが重要です。
物販のシステムをベースにする方法はよくされがちですが、構造上の違いを理解した上で、差し当たって軌道に乗るまでのお試し的な運用でやるのであれば不可能ではないでしょう。
独自性を求めた完全にオリジナルなレンタルECサイトを構築する場合は、スクラッチ開発で費用も期間もしっかりとかけて構築していく必要があります。
しかし、余程オリジナルなことをやらない限りは、レンタルECに必要な基本機能が備わったASPで、安価に早く立ち上げを目指すことをお薦め致します。

国内唯一レンタルECサイト構築システム -サブスク対応ASP

国内唯一のレンタル・サブスクECサイト構築専用のクラウド型カートシステムで、レンタルECの運営に必要な、直感的にレンタル期間を選択できるカレンダー表示や日毎の在庫/スケジュール管理などの機能を全て標準搭載しており、ドレス/着物/アウトドア用品/バッグ/家具等あらゆる業種のレンタルECサイト構築に完全対応。 また継続課金のサブスクリプションにも対応しているため幅広いサービスに最適で、導入200社以上の実績。 さらに毎月無償バージョンアップを実施しているため常に最新の状態でレンタル・サブスクECサイトを運用可能。 新規立ち上げからシステムのリプレイスまで月額29,800円より実現できます。